【食事】世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事【体に良い食品Top5】

【食事】世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事【体に良い食品Top5】

【本を聴く・今なら1冊無料📚】
https://amzn.to/2Htfwnn

【今回の参考書籍】
世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事
https://amzn.to/3mVrLtj
著者:津川 友介
出版社:東洋経済新報社

今回は津川 友介さんが書かれた「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」について解説させていただきました。

この本の結論をいうと、
人が健康で長生きするためには、長年の研究結果から科学的根拠にしっかり基づいている食事法を取り入れるということが最も重要である、ということです。
 
そして、現時点で最も科学的根拠に基づいていて正解に近いとされている、身体に良い食べ物、悪い食べ物が本書で知ることができます。
 
①日本人が勘違いしがちな健康常識
・「テレビやメディアで特集される食事法というのは、まだまだ科学的根拠が弱いものが多い」ということ
そういった最新情報よりも、長年にわたる膨大な研究結果から導き出された食事のほうが、健康でいるためにはとっても重要なことだということです。
 
・「成分」よりも「食品」のほうが重要だということ
「ベータカロテン」や「リコピン」といった、成分に惑わされて特定のものだけを偏って食べるということではなく、様々な種類の食品を摂っていくことが重要だと、本書では書かれています。
 
②身体に悪い食べ物とはなにか?
それは
・白い炭水化物
・牛肉と豚肉といった赤い肉
・塩分の高い食品
この白い炭水化物とは、私たちの主食であるお米やパンや麺類のことです
 
③身体に良い食べ物とはなにか?
・茶色い炭水化物
・魚
・オリーブオイル
・ナッツ類
・野菜
・フルーツ
この茶色い炭水化物とは、「玄米」や「全粒粉」や「蕎麦」のことです。

【目次】
00:00 動画概要
01:06 ①日本人が勘違いしがちな健康常識
03:21 ②身体に悪い食べ物とはなにか?
05:47 ③身体に良い食べ物とはなにか?
07:01 まとめ

#ライフハック大学の動画一覧はこちら

健康管理・フィットネスカテゴリの最新記事